最後のレストラン あらすじ 1話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

最後のレストラン あらすじ 1話

最後のレストラン あらすじ 1話

映像化不可能といわれた異色のグルメマンガを田辺誠一主演でドラマ化

「最後のレストラン」4月26日(火)放送スタートです。

物語は、歴史上の偉人が、現代のレストランにタイムスリップ。

気になるあらすじが公開されました。

最後のレストラン あらすじ 1話は下記の内容となります。

園場(田辺誠一)はレストラン「ヘブンズドア」のオーナーシェフ。

料理の腕は一流だが性格に難があるため、彼が店を継いでから売り上げは落ち込んでいる。

そんなある日、園場の前に織田信長(竹中直人)が突然、時空を超えて現れる。

本能寺で明智光秀に追い詰められた信長は、うまいものを食べてから自害したいという。

「空前絶後の料理」を作れと命じ刀を向けた信長に、園場は動揺し、目を盗んで逃げ出そうとする。

以上が、最後のレストラン あらすじ 1話の紹介でした。

「最後のレストラン」の放送はNHK BSプレミアムにて毎週火曜 23:15〜23:45 です。

田辺誠一さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。