昼のセント酒 あらすじ 3話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

昼のセント酒 あらすじ 3話

昼のセント酒 あらすじ 3話

昼間の銭湯と酒。

「孤独のグルメ」制作スタッフが贈る戸次重幸主演の大人の道楽ドラマ

「昼のセント酒 」4月23日(土)は3話目の放送となります。

物語はどんな道楽ドラマとなるのか・・・

昼のセント酒 あらすじ 3話の紹介です。

内海(戸次重幸)は東京・蒲田の得意先で、経費削減のため広告を全て中止すると告げられる。

落ち込んだものの、気持ちを入れ替えて飛び込み営業をしようとした内海の視線の先に、人気の銭湯の看板が。

大口の顧客を逃し、挽回しなくてはならないタイミングだと分かっていながらも、都合のいい言い訳で自分をごまかした内海は、銭湯へ。

中にはある客(永田裕志)がいて・・・。

以上が、昼のセント酒 あらすじ 3話の紹介でした。

「昼のセント酒 」の放送はテレビ東京系にて毎週土曜 24:20〜24:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。