ディアスポリス あらすじ 1話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ディアスポリス あらすじ 1話

ディアスポリス あらすじ 1話

松田翔太が複数の言語を操る裏警察官に!

「ディアスポリス-異邦警察-」4月12日(火)放送スタート!!

傑作漫画「ディアスポリス」を実写化 

ディアスポリス あらすじ 1話

連日テレビのニュースで報道されている、マルハ銀行で発生した5億円横領事件。

マルハ銀行の銀行員、鈴木(浜野謙太)は身に覚えのない横領の容疑で指名手配され、「裏都庁」と呼ばれる秘密組織に逃げ込んだ。

そこで、警察署長と呼ばれる男・久保塚(松田翔太)に出会う。

その頃「裏都庁」では不法滞在者ばかりを狙う腎臓強奪事件が多発していた。

久保塚は腎臓だけを奪うという怪奇事件の捜査に奔走する。

以上が、ディアスポリス あらすじ 1話の紹介でした。

「ディアスポリス-異邦警察-」の放送はTBS系にて毎週火曜 25:28〜25:58です。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。