ラヴソング あらすじ 1話 - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ラヴソング あらすじ 1話

ラヴソング あらすじ 1話

福山雅治さん、主演 フジテレビ 月9ドラマ 「ラヴソング」4月11日(月)放送スタート!!

3年ぶりの連ドラ主演作で元ミュージシャン役を熱演!!

1話目のあらすじが公開されました。

ラヴソング あらすじ 1話は下記の内容となります。

元ミュージシャンの神代(福山雅治)は、現在は音楽業界を離れ、大型車整備販売会社で企業カウンセラーとして働いている。

住所不定で女性の家を転々とする生活を送る神代は、ライブハウス経営者・笹(宇崎竜童)に当面の宿を頼んだものの断られて、昔のバンド仲間・夏希(水野美紀)の家に転がり込む。

そんなある日、神代の元に、人とコミュニケーションを取ることが苦手な整備部のさくら(藤原さくら)がカウンセリングにやって来る。

以上が、ラヴソング あらすじ 1話の紹介でした。

「ラヴソング」の放送は、フジテレビ系にて、毎週月曜 21:00〜21:54です。

福山雅治さん、ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。