コントレール あらすじ - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

コントレール あらすじ

コントレール あらすじ

石田ゆり子&井浦新が紡ぐ大人のラブストーリー。

「コントレール〜罪と恋〜」4月15日(金)放送スタート!!

大石静脚本で“禁断の恋”を描く・・・

気になるあらすじは下記の内容となります。

45歳になった青木文(石田ゆり子)は、6年前、上京中に無差別殺人事件に巻き込まれた夫を亡くしていた。

事件後に生まれた息子も5歳になり、夫と始めた海辺のドライブイン「コントレール」をほそぼそと続けるだけの日々。

事件を担当した刑事・佐々岡滋(原田泰造)が母子を気に掛け、足しげく訪ねてくるが、文の心は乾ききり、人生をあきらめかけていた。

そんなある日、トラックドライバーの長部瞭司(井浦新)と出会う。

瞭司は耳は聞こえるが話すことができず、筆談用のメモ帳を持ち歩いていて、その物静かなたたずまいに文は惹かれ始める。

しかし、彼は夫を殺してしまった人だった。

以上が、コントレール あらすじの紹介でした。

「コントレール〜罪と恋〜」の放送はNHK総合にて毎週金曜 22:00〜22:50です。

井浦新さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。