毒島ゆり子のせきらら日記 あらすじ - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

毒島ゆり子のせきらら日記 あらすじ

毒島ゆり子のせきらら日記 あらすじ

前田敦子が超恋愛体質の政治記者・毒島ゆり子役で主演を務める
“ドロドロエンターテインメント”。

「毒島ゆり子のせきらら日記」4月20日(水)放送スタート!!

物語はどんなラブコメディーとなるのか・・・

気になるあらすじは下記の内容となります。

あけぼの新聞記者の毒島ゆり子(前田敦子)は、ある朝彼氏から別れを告げられる。

落ち込むと思いきや、もう1人の彼氏・幅美登里(渡辺大知)に連絡を取り始める。

ゆり子は、常に複数の男と関係を持つ超恋愛体質なのだった。

仕事では念願の政治部に異動し、与党の幹事長・黒田田助(片岡鶴太郎)の番記者に抜てきされてやる気を見せるが、なかなか取材はうまくいかない。

一方、スクープを連発しているライバル紙の記者・小津翔太(新井浩文)は、黒田ではなくその側近に近づいていた。

既婚者の小津に興味を持つゆり子だったが、彼女には「二股、三股を掛ける時には必ず相手に伝える」「不倫はしない」というルールがあった。

以上が、毒島ゆり子のせきらら日記 あらすじの紹介でした。

「毒島ゆり子のせきらら日記」の放送はTBS系にて毎週水曜 24:10〜24:40です。

前田敦子さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。