ラヴソング あらすじ - 2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ラヴソング あらすじ

ラヴソング あらすじ

福山雅治さん、主演 フジテレビ 月9ドラマ 「ラヴソング」4月11日(月)放送スタート!!

物語は、かつてミュージシャンとしてプロデビューした神代広平(福山雅治)は、唯一のヒット曲はあるものの、その後は鳴かず飛ばずのままレコード会社との契約を打ち切られて音楽業界を離れ、20年たった今は企業カウンセラーとして働いていた。

ある日のカウンセリングで、人とコミュニケーションをとるのが苦手で、職場の同僚になじめず悩む佐野さくら(藤原さくら)がやって来る。

ひょんなことから神代は、さくらの歌声を耳にすることになり、彼女に音楽の神様が与えてくれた“歌声”という天賦の才能があると感じる。

一方のさくらは、神代との出会いから、歌を通じて自己表現することを知る。

以上が、ラヴソング あらすじの紹介でした。

「ラヴソング」の放送は、フジテレビ系にて、毎週月曜 21:00〜21:54です。

福山雅治さん、ファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。