2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

昼のセント酒 あらすじ 8話

昼のセント酒 あらすじ 8話

昼間の銭湯と酒。

「孤独のグルメ」制作スタッフが贈る戸次重幸主演の大人の道楽ドラマ

「昼のセント酒 」5月28日(土)は8話目の放送となります。

物語はどんな道楽ドラマとなるのか・・・

昼のセント酒 あらすじ 8話の紹介です。

内海(戸次重幸)はドラッグストアの社長と会うために東京・銀座を訪れる。

営業部のプレッシャーを受け、目標達成のために意気込む内海だが、社長は不在で約束をキャンセルされてしまう。

空いてしまった時間で新規営業をしようと繁華街を歩いていた内海は、温泉マークの看板を発見。

都心のオフィス街という環境にいつも以上の罪悪感を感じるが、やはり誘惑には勝てず・・・。

以上が、昼のセント酒 あらすじ 8話の紹介でした。

「昼のセント酒 」の放送はテレビ東京系にて毎週土曜 24:20〜24:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


火の粉 あらすじ 最終回

火の粉 あらすじ 最終回

ユースケ・サンタマリアが9年ぶりの連ドラ主演。

「火の粉」5月28日(土)は最終回の放送となります。

物語は、雫井脩介原作の心理サスペンス・・・

火の粉 あらすじ 最終回の紹介です。

武内(ユースケ・サンタマリア)と雪見(優香)の前で、池本(佐藤隆太)が琴音(木南晴夏)に殺される。

琴音は武内のために邪魔者を消したと言うが、武内はそんな彼女を冷たくあしらう。

その後、武内は贈り物を持って梶間家を訪問。

だが、一家に拒絶されて取り乱す。

勲(伊武雅刀)は武内を殺人の罪で私的に‘裁判’にかけようとしていた。

武内は、恩人である勲になら何をされても後悔はないと口にする。

そんな彼に勲は‘死刑’を言い渡す。

以上が、火の粉 あらすじ 最終回の紹介でした。

「火の粉」の放送は、フジテレビ系にて、毎週土曜 23:40〜24:35 です。

お迎えデス。 あらすじ 6話

お迎えデス。 あらすじ 6話

福士蒼汰と土屋太鳳がタッグ!

「お迎えデス。」5月28日(土)は6話目の放送となります。

物語は 幽霊の未練を解決する異色のラブコメディー!!

お迎えデス。 あらすじ 6話の紹介です。

円(福士蒼汰)はナベシマ(鈴木亮平)から、風邪をこじらせて死んだ達夫(寺島進)を成仏させるよう頼まれる。

自分がつくった草野球チームの存続を心配する達夫は、8人では試合ができないので、円に入ってくれと言い出す。

達夫は自らチームに誘った少年・真之介(伊澤柾樹)のことも気にしていた。

初勝利を目前にした前回の試合は、真之介のエラーで負けたのだ。

一方、入院中の幸(土屋太鳳)は、千里(門脇麦)が気掛かりで・・・。

以上が、お迎えデス。 あらすじ 6話の紹介でした。

「お迎えデス。」の放送は日本テレビ系にて毎週土曜 21:00〜21:54です。

福士蒼汰さん、ファンの方はお見逃しなく!!

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。