2016 春ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

トットてれび あらすじ 1話

トットてれび あらすじ 1話

満島ひかりが黒柳徹子に扮し、草創期からテレビと共に歩んだ軌跡を追う

トットてれび 4月30日(土)は1話目の放送となります。

物語はどんな幕開けとなるのか・・・

トットてれび あらすじ 1話の紹介です。

1953年。

徹子(満島ひかり)は、NHKがテレビ放送開始にあたり専属俳優を募集していると知り、受験する。

試験では失敗ばかりするがなぜか合格した徹子は、ラジオやテレビの番組にエキストラとして出演。

しかし、目立ち過ぎてディレクターの伊集院(濱田岳)に叱られ、「個性が邪魔だ」と言われる。

そんな折、新しい放送劇のオーディションを受けた徹子に、審査員を務めていた劇作家・飯沢(大森南朋)が意外な言葉を掛ける。

以上が、トットてれび あらすじ 1話の紹介でした。

「トットてれび」の放送はNHK総合にて毎週土曜 20:15〜20:45 です。

満島ひかりさんファンの方はお見逃しなく!!


昼のセント酒 あらすじ 4話

昼のセント酒 あらすじ 4話

昼間の銭湯と酒。

「孤独のグルメ」制作スタッフが贈る戸次重幸主演の大人の道楽ドラマ

「昼のセント酒 」4月30日(土)は4話目の放送となります。

物語はどんな道楽ドラマとなるのか・・・

昼のセント酒 あらすじ 4話の紹介です。

内海(戸次重幸)は東京・祖師ケ谷大蔵の畑で、大根の収穫を手伝っていた。

生産者(岡本信人)から大根の宣伝の発注をもらうためだったが、やはり結果は出ない。

それでも前向きに目の前の酒店へ飛び込み営業をした内海だが、社長は不在で、居合わせたアルバイトの男性に将来を心配されてしまう。

気合を入れ直す内海だが、脇道に「天然温泉」の看板を見つけてしまい・・・。

以上が、昼のセント酒 あらすじ 4話の紹介でした。

「昼のセント酒 」の放送はテレビ東京系にて毎週土曜 24:20〜24:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!

お迎えデス。 あらすじ 2話

お迎えデス。 あらすじ 2話

福士蒼汰と土屋太鳳がタッグ!

「お迎えデス。」4月30日(土)は2話目の放送となります。

物語は 幽霊の未練を解決する異色のラブコメディー!!

お迎えデス。 あらすじ 2話の紹介です。

円(福士蒼汰)と幸(土屋太鳳)が今回成仏させるのは、病気で亡くなった14歳の和弥(加部亜門)。

看護師の瑞江(比嘉愛未)と交わした、観覧車に乗る約束を果たしたいという。

そこで、和弥が憑依(ひょうい)するのを前提に、円が瑞江に一緒に観覧車に乗ってほしいと頼むが、恋人がいるからと断られてしまう。

一方、幸の部屋には円の元同級生・千里(門脇麦)の霊が住み着いていた。

そんな中、瑞江が突然、観覧車デートに応じる。

以上が、お迎えデス。 あらすじ 2話の紹介でした。

「お迎えデス。」の放送は日本テレビ系にて毎週土曜 21:00〜21:54です。

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。